快適な暮らしを実現

伝統を大切にする家作り

四季工房の特徴は人、技術、自然の調和です。 伝統的と最先端が調和した理想的な家作りをしています。 日本の家は日本の材木で作られるべきであるという理念から木材に特にこだわり、自社一貫生産で高品質の木材を生産しています。木は様々な行程とチェックを経て初めて住まい作りに使われます。家を造る大工さんは伝統的な手きざみ加工で木を組んでいきます。工場カットでは実現できない強さと耐久性があるからです。その家の強さは優れた耐震性につながります。この震災でも四季工房の家は基本構造に損傷がなくその耐震性の高さが実証されました。嘘のない丁寧な家作りが秘訣です。 人材の面では特に工業化で減ってしまった大工さんや職人さん達の育成に力を入れています。

最新技術で環境に優しく快適な暮らし

日本の家は夏は暑くて冬は寒いと思いませんか。多くの住宅はほぼ一年を通してエアコンのお世話になっているのではないでしょうか。四季工房の家は独自のエアパス工法で、太陽熱や風などのエコエネルギーを上手に利用しています。エアパス工法のメリットは沢山あります。まず夏は涼しく冬は暖かい事。そして各部屋の温度が一定に保たれる事、空気循環がよいので押入れに湿気がたまりません。全体的に家の中がさわやかな空気になります。家の土台を腐らす結露を押さえるので家の寿命も伸びて、末永く住む事ができます。デザイン面でも外張り断熱によりリビングルームが広々とした吹き抜けになっているのでとても開放感があります。 このように日本の良さがぎっしり詰まった四季工房の家、一度ショールームに足を運んでみてはいかがでしょうか。